2017年3月22日水曜日

影響を「受ける」より「与える」

韓氏意拳という武術では「自分に徹《てっ》する」ということを強く心がけます。
相手をどうこうしようというより、自分に徹する、自分の能力やエネルギーを最大限に活《い》かすことに徹し、相手をどうこうしようと企《たくら》まない。
そうすれば「結果的に」相手に最大限のダメージを与えることになる、というのです。
確かにそのとおりで、しかしこれはやってみればわかりますが、やれそうでなかなかできることではありません。

我々は相手がそこにいると、つい「どうにかしよう」としてしまいます。
これは武術に限ったことではなく、表現行為や人間関係でもそうです。

誰かに対して、こうしてやろう、こうしてもらいたい、役に立ちたい、こらしめたい、喜ばせたい、思いどおりにしたい、などという企みがあると、それは力《りき》みとなって自分の全体性を損《そこ》ないます。
つまり、自分の最高のパフォーマンスを発揮できないのです。

自分が最高のパフォーマンスを発揮するには、まったく力みのない、ちょうどいい全体性が行き渡っている必要があります。
しかし我々の残念な癖として、つい「やっている実感」を追い求めて、力んでしまうというものがあります。
私は武術の稽古を通してそれをいやというほど学びました。

相手をどうこうしようとするのではなく、まずは自分に徹し、自分のイキイキさやニーズにつながり、それに向かって自分がちょうどよく発揮されるのを、自分自身が妨《さまた》げないこと。
これが必要で、また有効なんですが、本当に難しいのです。
我々は企みのかたまりなんです。

問題は、我々は自分に徹する前に、外側から影響を受けすぎるということなんです。
自分に気に入らないことがあればイライラする。
そんなことをしてもなんにもならないのに。

怒っている人がいたら、オロオロとどうにかしようとする。
攻撃してくる人がいたら、それをさらに上回って強力にダメージを与えようとする。
だれかの役にたとうとしすぎる。

外側に向けた目を、自分自身に向けなおし、本当に自分に徹して自分本来の能力を発揮しつくすことができたら、それは結果的に相手やまわりに対して最大限の影響を与えることになります。
武術でも、自分に徹し、ただ自分のことをおこなっているだけのことが、結果的に相手に大きなダメージをあたえ、勝負を制することになるのです。

相手やまわりから影響を受けるのではなく、ただそれをそこに「ある」と受け取りつつ、自分のやれること、自分の能力を最高に発揮することに徹しつづける。
自分を最大限に生かしきりたい、自分の人生をまっとうしたい、という命のニーズにもつながっているかもしれません。

呼吸や声を使って自分自身や身近の人を癒し活力を養うボイスセラピーの概要を学び、身につけるための講座です。この講座の受講修了が音読トレーナーの資格取得講座の受講要件となります。3月28日(火)19時からJR国立駅徒歩5分の会場にて開催。

2017年3月18日土曜日

頭のなかをからっぽにして集中する(OneNote)

気づいている人は気づいていると思いますが、私たち人間は(とあえて一般化しますが)ほうっておけばつぎからつぎへとろくでもないことばかりかんがえつづけ、いつも頭のなかを雑音でいっぱいにしています。
これはもう、人間の習性といっていいかと思います。
さらに、かんがえればかんがえるほど自分の気分が落ちこんでいってしまうような楽しくないこと、つらいこと、ストレスフルなこと、どうしようもないようなことへと、自分のかんがえを導いていくというのが、その習性の特徴です。

この習性を引き起こしてしまう脳の働きにはちゃんと名前がついていて、「反芻《はんすう》思考」とか「デフォルト・モード・ネットワーク」などと呼ばれます。

これが働いている状態のままなにかをしようとしても、あるいはなにか作業に集中しよう
としても、うまくいきません。
とくに気がかりなことがいくつかあるようなときは、そのことが思考の表面に顕在化しつづけていて、肝心のことに集中できなくなります。
なにかしようとしても、いつもなにか気がかりなことが思いうかんで、それが集中を阻害するのです。

気がかりは基本的に、いまくよくよかんがえてもどうしようもないこと、が含まれます。

「いくらかんがえてもいまはどうしようもないこと」
たとえば、離れて暮らしている両親が高齢になってきて、そのことが心配でいつも気がかりだ、というようなことです。
いますぐには解決策は思いうかばないし、状況もすぐに変わるわけではありません。

「時期が来るまでなにもできないこと」
来期の人事異動が気になっていて、ひょっとして転勤があるかも、といった心配。
そのときがくるまでなにもできないんですが、ついついくよくよとかんがえてしまいます。

「仕事で失敗してしまった。とりあえず相手がたに謝罪したが、相手の反応が気になったしかたがない」

いまできることがあればさっさと取りかかればいいし、いまできることがないならそんなことをいまかんがえていてもしようがないわけで、とりあえずはそのときが来るまで忘れてしまって、取りくめるときが来たときに全力で取りくめばいいのです。

しかし、どうしようもなくくよくよと、何度もなんども、繰り返しかんがえてしまうのです。
反芻思考におちいってしまうのです。
ま、人の習性ですからね。

この習性から抜けだすには、いまかんがえてもしかたがない気になっていることを、全部書きだしてみる、という方法です。
「GTD」というライフハックが有名ですが、それもそのひとつですね。
気がかりなことを全部書きだしてしまえば、そのことを安心して忘れることができます。
できれば、いつ取りくむのか日時を決めておいて、スケジュールに書きこんでしまうと、もっと安心です。

自分がいまかんがえるべきことはすべてノートやスケジュールに書きこんである、という安心感があれば、すべてを忘れて目の前のいますべきことに集中しやすくなります。
そのためには、なんとなくくよくよとかんがえはじめてしまったことがあったとき、それに気づいて、すぐさまそれを書きだしてみる、という習慣を身につける必要があります。
そのためのノートをいつも持ちあるくようにしましょう。

私の場合は Microsoft の「OneNote」というノートアプリを使っています。
ほかにもEvernoteやメモ、ノートパッド+など、さまざまなノートアプリがありますので、自分の好みのものを使えばいいと思います。
OneNoteはメインで使っている MacBook Pro 15インチにも、iPadにもiPhoneにもおなじものをインストールして、クラウドで同期が取れるので、便利に使っています。

タブをいくつも作れて、タブのなかにさらにノートページをたくさん作れるようになっているので、まるですぐに必要なページが開ける付箋がたくさんついたノートを、いつも何冊も持ちあるいているような感覚です。
思いついたことはすぐに新規ノートを開いて、とりあえず書きつけます。
あとでゆっくりとタイトルをつけたり、タブに移動して分類したりします。
しかも、これ、無料アプリなんですよね。

2017年3月17日金曜日

北陸の実家で毎月開催している音読カフェ、でした

昨年暮れから、毎月、北陸の実家に帰省するたびに開催している「おれんち音読カフェ」は、一月はお休みしましたが、今回の三月の開催で3回めとなりました。
初回から毎回欠かさず、休まずに参加してくれている方が2名いるほか、今回は5名の方が参加してくれて、ちょっとにぎやかでした。
ほとんどが近所の友だちつながりで、女性の方ばかりですが、今回は介護福祉施設に置かせてもらったチラシを見て興味をひかれたという方もいらして、うれしかったです。

人数がある程度いると、音読エチュードも群読で成立するものに挑戦できます。
今回も、まずは音読療法の三種類の呼吸法からスタートして、ハミング発声、音読エチュードへと進んでいきました。
途中、さまざまな気づきがあったり(逆に気づかなかったり)、疑問がわいてきたり、どうしていいかわからなくなったりすることが出てきて、そのつど、私は共感的にみなさんとつながることを心がけながら、ゆっくりと丁寧に進めていきます。

今回のテキストは、参加者が「おとなな人たち」であることを考慮して、先日の大阪と名古屋の現代朗読ワークショップでも用いた『方丈記』の冒頭部分を使ってみました。
ところが、プリントした紙を持ってくるのを忘れてしまったのです。
そして実家にはプリンターがない。
FAXがあるので、そちらに打ちだそうかとも思ったけれど、あまり品質がよくない。
そこで、ネットワークプリントサービスを使ってみることにしました。

無料のユーザー登録をして、自分のアカウントにプリントしたPDFファイルをアップロードするだけ。
あとはコンビニに行って、プリンターに自分のアカウントを入力して、お金をいれてプリントボタンを押すだけ。
A4のプリントが1枚20円でした。
べんり~。

みんなで『方丈記』を、内容を理解するのではなく、「それを読んでいる自分の身体やようすを観察する」エチュードをいろいろやってみました。

音読エチュードのあとはお茶菓子をいただきながら、音読療法の補足の話やら、日頃の悩みやらを、フリートークで交換しました。
高齢のお父さんが最近脳内出血で入院し、手術を受け、その後認知症が進んでいるという方がいて(私と似ています、私は母ですが)、それがきっかけなのかどうか、お母さんが「自分のいままでの人生はなんだったんだろう」と落ちこんでいるのがつらい、という話をされました。
私はみんなでその方に共感し、そしてお母さんにも共感的に話を聞くこと、これまでのことをいっしょにお祝いできるんじゃないかということなどお話しました。
帰るときにはすっかり元気になって、晴ればれとした顔だったのが印象的でした。
その方のお母さんも元気になってくれるとうれしいですね。

来月の開催日程を決めることにみなさんも積極的に協力してくれて、みなさん、来月も参加する気まんまんで帰られました。

音読カフェは、音読療法という健康法を核に、みなさんが共感的につながりあい、安心して参加できるささやかなコミュニティを作るとても気安い方法です。
多くの方にこのような場を知ってもらえるとうれしいと私は思っています。

そして東京にもどったら、国立でも音読療法協会主催で音読カフェを定期的に開催していくつもりです。
みなさん、どうぞ気軽にご参加ください。

3月開催:音読療法協会の音読カフェ(3.18)
ボイスセラピーの手法を用いつつ、お茶を飲んだり共感的に対話しながら進める心身調整健康法を実践する場を、あらたに音読療法協会主催で開きます。3月の開催は18(土)10時/31(金)10時・19時、それぞれ約2時間です。

2017年3月16日木曜日

自分の身体の声を聞き必要とするものを知る

先日、ツイッターで流れてきた記事「僕が菜食をやめた理由」というものを読みました。
ざっくりいえば、長年無理してベジタリアンをつづけていたんだけど、どうも体調がよくない、肉食にもどったらとたんに体調がよくなった、というものです。
気になって調べてみたら、けっこういろいろな人がこれに似たようなことを書いているのが見つかりました。

逆に、肉食をやめて菜食になったら体調がよくなった、ということを書いている人は、さらにもっとたくさん見つかります。
みなさんも検索してみたらいいと思います。

では、どちらが正しいのか、という話になりますよね。
私は「どちらも正しい」もしくは「どちらも正しくない」と思います。
これもどっちなんだ、と突っこまれそうですが、つまり正しい/正しくないという世界ではない、と思っています。

ちなみに写真は、私が共感的コミュニケーションの勉強会「共感カフェ」をやらせてもらっている下北沢の〈かまいキッチン〉のランチです。


人間という動物にも、本来、なにか栄養素が不足したら、自然にそれを求める身体の声があって、ほうっておいても身体は健康な状態を維持しようとします。
それがなんらかの理由で聞こえなくなってしまっているのが、多くの現代人に起こっていることでしょう。

そしてもうひとつ重要なことは、人には個体差があって、たんぱく質を多く必要とする人もいれば、あまり必要としない人もいる。
たくさん食べないと健康を維持できない人もいれば、ごく少食でも快調に生活できる人もいる。
睡眠時間とおなじで、食事の分量や内容も、ひとりひとり大きな差があるのです。
自分にとってどのような状態がちょうどいいのか、身体はいつもそれを教えてくれています。
その身体の声にどれだけ耳を傾けることができるかどうかが大切なのではないでしょうか。

「……が身体にいい」という情報が流れると、いっせいにスーパーの棚からその食品がなくなったりする。
みなさん、どれだけ自分の身体を、あるいは自分の身体の声を信用していないんだ、と思います。
そもそも自分の身体の声を聞く気がないのかもしれません。
このようになってしまったのはなぜでしょうね。

どこか痛いところがあったり、調子が悪くなっても、
「だれかがなんとかしてくれる」
「お医者に行けば原因を尽きとめてくれる」
「いい薬があれば治る」
「悪い部分は切ってしまえばいい」
とにかく他人任せ、外部任せです。
でも、自分の身体の話なんですよね。

私がやっている「共感断食道場」では、まず自分の身体の声を聞く練習をします。
自分の身体がなにを必要としているのか。
あるいはなにを必要としていないのか。
自分自身はなにが必要なのか。
どんなニーズがあるのか。
徹頭徹尾、自分自身につながることで、いともやすやすとたった三日間の断食という成功体験を作ることを試みます。

その成功体験があれば、あとは私などがどうこういわなくても、ご自分でやっていけるはずなんです。
ここでも音読療法と共感的コミュニケーション、それらにふくまれるマインドフルネスや瞑想をもちいて練習します。
興味がある方は気軽にどうぞ。
ただし、初日当日の朝食は抜いて、なにも食べずにおいでくださいね。

三日間共感断食道場(3.19-21)
音読療法協会がおこなう三日間だけの断食道場です。実際に道場に来ていただくのは初日のみ、二日めと三日めはオンラインミーティングで共感的なサポートをします。

2017年3月15日水曜日

この週末にお会いしましょう!

北陸の実家に帰省して、入院中の母を見舞ったり、あれこれ手続きやら家のことを片付けている水城ですが、この週末と連休にはまた東京にもどっていくつかのイベントを開催しますので、みなさんにお目にかかれるとうれしいです。

土曜日の午前中には、初の開催となる音読療法協会主催の「音読カフェ」をおこないます。
音読カフェはこれまで「お母さんのための音読カフェ」いわゆるママカフェをはじめ、高齢者福祉施設や地域のコミュニティ、小学校での音読授業などもいれるとたくさんおこなってきました。
私自身も実家のリビングを利用して、近所の方に呼びかけて自主勝手的に音読カフェを毎月ひらいたりしています。
しかし、音読療法協会が主催するのは今回が初めてだと思います。

より広くみなさんに音読療法を体験していただき、そのすぐれた効果を実感してもらいたいということと、音読トレーナーの「現場」としての音読カフェを定期的に持ちつづけていきたい、という目的の両方があります。
みなさん、気軽においでください。
詳細と参加申し込みはこちらです。

その日の夕方、これは一般参加は呼びかけていないんですが、東松原と豪徳寺にある「0円マーケット くるくるひろば」のボランティアスタッフのみなさんと共感的コミュニケーションの勉強会をおこなうことになりました。
お店にある品物すべてが無料で提供されていて、自分は不要だけどだれかが必要、という品物がすべてボランティアベースで交換されていく場として注目を集めています。
とはいえ、多くの方が訪れたり、ボランティアベースでの運営スタッフが大勢いたりと、まったくトラブルがないわけではありません。
そんなとき、みなさんが共感的コミュニケーションを身につけていることでどれだけ役に立つだろうか、という思いを受けていただいて、実現することになりました。
とてもわくわくします。

翌日曜日・19日は「共感断食道場」の初日です。
参加される方は朝食抜きでおいでください。
初日は午前中に「断食したい」気持ちのもとになっているニーズに、参加者みなさんがそれぞれ身体的実感をともなった自己共感をするためのワークをおこないます。
その後、断食中の瞑想や飲食について、実践的に練習します。
そのあとの2日間はオンラインでつながり、共感サポートをおこなう、というプログラムです。
参加枠にはまだまだ余裕がありますので、どうぞご参加ください。
詳細と参加申し込みはこちらです。

その午後には14時から、引きつづき私の共感的コミュニケーションの勉強会「共感カフェ」をおこないますので、続けての参加、あるいは単独参加、いずれも歓迎です。
詳細と参加申し込みはこちらです。

2017年3月14日火曜日

文章表現とテキストコミュニケーションの時代

あなたは一日でどのくらいの文章を打っていますか?
私のように文章を書くことを仕事にしていたり、いわゆるブロガーのようなネットで文章を配信している人は別にしても、ごく普通の人が毎日、大量の文章を打っているのが、現代のネット社会です。

ちょっとかんがえてみてください。
LINEやメッセージ、メールなどで、日常的に「テキストで」たくさんやりとりしています。
フェイスブックやツイッターなどのSNSでも、コメントを書いたり、あるいは自分でもちょっとしたことをつぶやいたり書いたりしています。
イベントを主催するとまでいわなくても、なにかの集まりを開いたり、仲間うちの食事会やパーティーを呼びかけたり、告知したりするときも、テキストを書きます。
みなさん、毎日どれくらいの文字数を書いているのか、ちょっと振りかえってみるとおもしろいと思います。

そんな環境にいながら、私たちはとくにテキストコミュニケーションについて練習したり、訓練を受けているわけではありません。
だからなのかどうかはわかりませんが、メールやメッセージのやりとりで誤解が生まれたり、すれ違ったり、トラブルに見舞われた経験がある人が多いのではないでしょうか。

「これを伝えたい」と思って書いたのに、まったく伝わらなかったり、まちがって受け取られたりすることが頻発します。
人を楽しませようと思って書いたものが、誤解を生んだり、相手の傷を刺激したりして、思わぬトラブルに発展することもあります。

私がおこなっているテキストライティングのワークショップは、そのようなトラブルを回避するための方法を伝えるものではありませんが、すくなくとも自分につながって自分らしいことばや自分らしさに向かうことで、自分の外側のなにかを恐れることなくいきいきと表現する方法を、共感的なスキルとともに学びます。

毎回、参加者のニーズに応じたさまざまなアプローチを用いていますが、先日おこなったワークショップではまず、ロラン・バルトがいうところの「零度のエクリチュール」による「自分自身からもっとも遠い場所にある社会的共通言語としての冷たい文章」を書く練習からはじまって、自分の内側にむかっていく文章表現の練習をみんなで試みてみました。
これが楽しいのです。

自分のなかからどのようなことばがつむぎ出されてくるのかも楽しいですし、参加者それぞれがどんな表現を出してくるのかもおもしろいのです。
ワークが進むにつれ、みなさんのオリジナリティがどんどん噴出してきて、つまり文章力が見るみる上がっていくことにも驚きます。

すべての人が自分らしく、恐れや変なこだわりなく、のびのびと自分を文章で表現し、伝えていけるようになるといいなと、私はこのワークショップで願っています。

次回の「自分とつながるテキストライティング・ワークショップ」は、4月8日(土)に国立で開催します。
詳細と申し込みはこちらから。

2017年3月12日日曜日

PLC(Power Line Communication)いわゆるコンセントLANを設置してみた

私がいま住んでいる国立の家はふつうの近代的な一軒家で、二階建て(ロフト付き)です。
広いリビングが二階にあって、ここでちょっとした講座やワークをやることがあります。
また、私だけでなく、安納献氏の講座も、こちらからオンラインでつないでやることもしばしばです。
音読療法やNVCのオンラインでのミーティングも頻繁にやってます。

いままで問題があって、2階のリビングはWiFiの電波状況があまりよろしくなかったのです。
ネット回線は光ケーブルが1階の部屋に引かれていて、そこにモデムがあります。
モデムから直でLANケーブルをつないでもいいんですが、WiFiルーターを設置して家中どこにいても無線でネット接続できるようにしてありました。
ただ、この家は床暖房で、床に温水のパイプがめぐらせてあるのです。
WiFiの電波は水などを通りにくい弱いものなので、2階は電波状態がよくなかったのです。

あまりに使いにくいので、あれこれ検討した結果、電源コンセントにアダプターを差しこんで、家庭用の電源をそのままLANにしてしまう「PLC」という方式を導入することにしました。
家のなかに張りめぐらされている電気配線が、そのままローカルネットワークになってしまうというものです。

さっそく機材を取りよせて(6,000円くらい)、設置してみました。
設置方法は簡単で、ただアダプターを1階と2階のコンセントに挿して、LANケーブルをつなぐだけ。
面倒な設定などは一切ありません。
これでWiFiルーターを2階にも持ってこれました。
2階でも電波状況を気にすることなく、無線経由でネットに接続できるようになりました。
オンラインミーティングも快適です。

家のなかで電波が届きにくい場所がある問題に悩んでいる人には、これ、超おすすめです。